待ち行列の専門家(Hoshikenは博士号を待ち行列理論で一応取得しております)は、待ち行列が大っっ嫌い!

 

専門家なのに待ち行列が嫌いなんですか?

 

 

専門家だからこそ嫌いなんですって

 

渋滞・混雑・行列が苦手な人には会計ソフトは必須

確定申告をオンラインで済ませるためにはクラウド会計の一択です!(税制改正もサービス側で自動更新してくれますしね!)

クラウド会計といえばやはりこの3つ。

  • やよい青色申告オンライン
  • クラウド会計ソフトfreee
  • マネーフォワード

Hoshikenが選ぶのは、「マネーフォワードクラウド」です。

りゆう
  • そもそも家計簿に月額500円支払ってMoney Forward Meを使用している
  • サッカーでのポジションがフォワード(単語違い)
  • フリープランでも確定申告まで出来てしまう・・・とのこと

などなどです。
※主婦が青色申告( https://aoiro-shufu.com/report/1720 )さん参照

個人事業主となったからには12月31日の決算書の作成2月の確定申告作業が必要となりますので、その仕組み・複式簿記に対するアプリ・ソフトの役割等を知ることをまず最初に行うといたします。

というわけで、早速Money Forwardにアクセス!

家計・資産管理サービスをご利用中の方は、同じメールアドレス・パスワードでログインいただけます。 と書いてあるので同じIDとパスを入力して見ます♪

はいはい、同意します!(利用規約と個人情報の取り扱いについては読みましょう)

事業所を作成!
法人ではないので項目が簡素です。

おおお、無事ログインできました。
さて、これどうやって使えばよいものでしょうか・・・料金とかどうなっているのでしょうか??

「設定が未確認です」と出ておりましたので、設定へと進みたいと思います。なお、有料プランへの申し込みという項目がありますので、今のタイミングでしたらマネーフォワード会計自体は無料の状態だと推測いたします。

公式にもちゃんと登録の仕方が説明されているのでこちらを参考にしながら薦めて参ります!
https://support.biz.moneyforward.com/tax-return/guide/first-step-guide/fs02.html

業種区分に早速詰まりました。特に確定申告等には影響しないとのことで、一番近い形態を選べば良いという事ですが・・・何にしましょうか・・・

とりあえず、関係がありそうな項目を適当に・・・youtuber(笑

減価償却につきましては間接法を選択しようかとも思いましたが、シンプルにしてみようと思い直接法を選択しました。こちらの 谷口孔陛(たにぐちこうへい) さんのサイト( https://www.kh-tax.com/chokusetsu-kansetsu/ )に詳しく書かれてらっしゃいます、ありがとうございます!

おお、勘定科目の自動設定とか、これはかなり便利!!!!!!

普段家計簿に読み込ませているデータから事業の経費として該当するものをピックアップして勘定科目を設定して読み込んで、ボタン一つで確定申告票に全て計算してくれたものを自動で出してくれるという・・・そして、それを元にe-Taxで行えば納税処理もほぼ完璧ですね!!

次は実際に日報等を付けていく上で付随する日々行うこと、月末にやること、年末にやることを確認して行こうと思います!

Leave a comment

AncoraThemes © 2020. All Rights Reserved.